二次会 行きたくない~二次会には行きたくない人達の本音

二次会で出された料理

一次会には参加しても二次会には行きたくないと言う人達を多く見かけます。そんな人達に参加を促したりしますが大抵は断られます。

彼らは二次会の何が嫌で行きたくないのでしょうか?それの主な理由を調べた結果この様になりました。もしかしたら心当たりがあるという方はいらっしゃいませんか?

「終電を逃したくない」
飲み会と言っても会場によっては家から遠くて長いし過ぎると帰る為の電車が無いと理由を付けて参加を拒否する人がいます。

確かに飲み会は参加したいが家には帰りたい、そう思う人が現れても不思議じゃありません。特に終電ギリギリまでの開催となると尚更ハラハラし二次会所が一次会の途中でも帰る人が出てきてもおかしくないです。

出来る幹事なら終電に間に合うように開始から終了までの時間配分もしっかり考えた上で二次会コースも考えますがそうも行かない人もいるのでここは二次会に行かないと言うか行けないときっぱり断る事が多いようです。

「これ以上余計な出費をしたくない」
二次会という事は金額に程度はあれどもう一回飲みの席用にお金を出さなくては行けない事になります。酷い言い方だと余計な出費が増えてしまう事になります。

「一次会の出費でもいっぱいなのに二次会なんて参加できるか!二次会に使うぐらいなら別の趣味や生活費の為に使う!」と言う方が社会人であっても無くてもいらっしゃいますし考えとしてはおかしくはないですね。

「疲れてるから帰りたい」
一次会で散々お酒を飲まされたり上司に接待したりなど心身疲れているのに二次会なんてとても行く気になんてなれないからここは素直に帰るという人も意外と多いです。

疲れている状態で参加しても楽しめなければ意味がないしお金の無駄とも言えるので選択としては悪くない判断です。ここは体を労る事を優先させた方がいいでしょう。

この3つが特に目立っていました。しかしそれ以上に目立っていたのが…「純粋に行きたくない」建前など不要!行きたくないものは行きたくない!却って清々しさを感じる理由です。

まぁ無理について行くぐらいなら嫌われても断る勇気を出すのも必要かもしれませんね…今回は以上の様になりました。どれか心当たりがありましたか?